voicetitle1 voicetitle1

「オタフク」代表

小山 正男

Voice.01

香川県にも広島焼きを
常連さんを大切にする店づくり

voice1-1

出店したきっかけはなんですか?

「オタフク」という名前のお好み焼き屋さんをこの場所で営業するのは、私で3代目。当時営業職についていた私は、広島焼きを出すお店が珍しくて、たまに訪れていました。私は広島県出身で、昔から広島焼は部活帰りに食べたり、おやつに食べたり、慣れ親しんだ食べ物でした。定年を迎える時、また勤めに入るのも違うなと感じてお店を持とうと思いました。何のお店にしようか迷ったときに、広島出身だからやっぱり広島焼の店をやろう、と考え、以前勤めていた飲食店の方からご紹介いただいたのがきっかけです。

居抜き物件だったこともあり、機材がほとんど揃っていたのでこの物件に決めました。「オタフク」という名前をそのまま引き継いだのは、地元でその名前が通っていたからです。昔のオタフクの常連さんが引き続き来てくれています。

voice1-2

店づくりにこだわったところはありますか?

なにより大切にしているのは、「清潔感」。お好み焼き屋というとべたべたしているイメージがあるかと思いますが、私はそういうのが苦手で…。常にきれいにすることを心がけています。開店時に引き継いだ家具もピカピカに磨きました。店内の飾りつけは妻にお願いしました。やはり女性の方が飾りつけは得意ですね(笑)持ち帰り用の袋なども可愛いものを買ってきてくれます。

お客さんからの要望があり、1ヵ月前からランチを始めました。飲み物とおにぎりはセルフにしています。1人でやっているのでまわらないんですよ(笑) 広島に訪れた際にはいろんな広島焼きのお店を回って勉強しています。家で作って食べたりはしていましたが、お店で出せる物をつくるのはまた別ですね。ただ、私は誰かのもとについて修行をしていないので、自分で試行錯誤できるのがよさだと思っています。広島焼きと関西焼きで比べるようなことをよく言われていますが、私はまったくの別の食べ物だと思っています。それぞれのおいしさがありますよね。広島県出身なので、広島焼きにはやっぱりこだわっています。いか天を入れてゴマをふるのは広島焼きだけの特徴ですね。いか天が香川県にあまり売っていないのにびっくりしました。広島県から取り寄せて使っています。以前は関西焼きの注文の方が多かったですが、今では広島焼きの注文が7割を超えています。関西焼きもシンプルでおいしいと人気なんですが、やはり広島焼きがウリですね。

voice1-3

今後のお店の目標はありますか?

常連さんを大切にした店づくりをしていきたいです。開店して7ヵ月、毎日来てくれる人や週1回来てくれる人が増えてきました。HPなどは作っていません。儲けたいという気持ちからではなく、老後の楽しみとしてお店をやっているので、口コミでよさが広まればと思っています。昔は営業職だったので、一見さんとも話すのは得意です。オタフクに行ったら広島焼きがおいしい、店主さんが気さくで行きやすいお店だと言われたいですね。

今回のご紹介店舗

voice1-4
voice1-5

お好み焼き「オタフク」

所在地〒760-0002 香川県高松市茜町18-43
TEL087-808-8183
営業時間11:30~14:00 17:00~21:00
定休日 毎週水曜日
HPなし

STORE ADVICE今回ご紹介の店舗様へのご提案

voice1-6

お客様のご要望をお伺いして
すぐにこの場所をご提案いたしました!

初めて小山様とお会いさせて頂いた時、その瞳から発せられるエネルギーに圧倒されました。 お店を仲介させて頂くポイントとして、立条件や面積等は当然ですが、それ以外にもっと大事な、店舗を使用する方の「確固たる信念」が必要となります。これがあれば、場所や室内空間といったハード面に少々不便があったとしても、充分にカバーできるものです。 今回も築年数の古い物件で、駐車場台数も少ないといった難しい面はありました。ですが、今回は小山様の熱い想いが全てをカバーしたのだと思います。 地域の方々に喜ばれる小山様のお好み焼き店舗の益々の繁盛を祈っております!

株式会社グローバルテナント 営業担当

山崎